Headline
Modern Probe are ...
ryosama.jpgcoringo.jpgsatomi.jpgdaidai.jpg
DAI(Vo,Bass,Guitar) RYO(Guitar,Vo) CoRingo(Drums,Percussion) Satomilk(Keyboards)
[MARI(Bass,Cho) TAKESHI(Percussion) TETSUYA(Drums)]

☆NEW! Youtubeに"モダプロチャンネル"出来ました☆

"モダン・プローブ(モダプロ)メンバー紹介"

☆2013〜14年ライブ情報☆

2014/11/3(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)
時間等詳細後日


 ☆Free Live in BREATH☆
 "Our Favorite Pop"以来8ヶ月ぶりのライブをKeyを加えた4人編成で
 ギターとベースも逆転して、今度のモダプロは何処へ行く?

2014/3/8(土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:30 当日2000yen/ご予約1800yen(別途ドリンク)

モダプロはトップバッター(19時から)
 ☆Our Favorite Pop Vol.1☆
 モダプロと仲間のバンドで主催するライブ・イベント第一弾!
 ビートルズをキーにしながら、ジャズやオリジナルを聴かせる
 90年代回顧型ライブ・イベント。詳細はブログやFBにて

  2014/1/13(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:00 当日\2300/ご予約\2000(別途ドリンク)

モダプロは18:00頃から(1番目)
 ☆Free Live in BREATH☆
 2014年ライブ第一弾。モダプロらしく90年代モッド色で
 いつもの3人でバンドスタイルのライブ。

11/2(Sat/土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Start 19:00 当日\2200/ご予約\1800(別途ドリンク)

モダプロは20:30頃から
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰後第二弾は3ピースバンド構成で全編オリジナル
 これからのモダプロのスタイルの序章的な位置づけです
 バンドスタイルでのライブは1年ぶりとなります

8/11(Sun/日曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 17:00 Start 17:30

モダプロは18時過ぎくらいから
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰でモダプロ3編成でお送りします
 オリジナルとブリットな構成の予定

2013年03月06日

ライブ告知とご報告

こんにちは。

先に一つご報告から。

モダンプローブは4/13のライブをもってビートルズのカバーイベントなどに
参加する活動を終了したく思います。ですので次回のライブがビートルズ
企画のライブとしては最後のライブとさせて頂きます。

突然の話で申し訳無いのですが、理由としては、先ずバンドとして活動を継続する事が
難しくなってしまったことです。私やRYOも含めてあくまで本業はサラリーマンで
有ったりする中で何とか合わせて、合わせられない時は私とRYOの二人で何とか
頑張ってきたのですが、やはり昨年秋以降再度のフルメンバーでの集合が難しくなり
あるいは、各々の事情で東京近辺から離れてしまうメンバーも出てくる中で
パーマネントにバンドとしてのスタイルを維持することが困難だと判断しました。

2つ目には、私とRYOがモダプロの前身であるWater Lane Westの頃から足掛け7年近く
ビートルズのカバー業界にお世話になって来た中で、やはり私達のように徹底的に
アレンジを施したり、ソロの曲ばかり取り上げたりというスタイルは、アクセントとしては
時折評価を頂きつつも、実際に観ているお客さんにとって、ビートルズをトラディショナルに
カバーするというスタイルは立派なエンターテイメントとして成り立っている中で
面白くは有っても継続して観ていただけるようなものではないと悟ったことに尽きます。

特に音楽を生業としていないアマチュアにとっての最大の自由は、表現ややりたい事に
制限を一切設けられないということで、だからこそアマチュアとして大人が音楽を
演ることには醍醐味も楽しみも沢山有ります。その心を何時からか失っていたような気がします。

その中で、本来表現手段や愛情の一つであったビートルズ周辺を変わった視点でカバーする
という行為が、だんだんと「ビートルズイベントは集客が楽だから」とか
「取り敢えずアマチュアでもイベントが多く組まれているので出やすい」という部分に
ばかり気を取られ始めて、気がつけば本来ビートルズと並行してやりたかった
本当の意味での青春である90年代のUKポップやスタイルやカルチャーの全てにおいて
影響を受けたモッズであるとか、20代の頃に一生懸命作ったオリジナル曲をステージで
演る機会をほぼ失ってしまっていたことにも気が付きました。

僕らは自由なアマチュアなのだから原点に立ち返って、僕らが愛したビートルズ以外の
音楽も表現したいという欲求も忘れずに居たいのです。我儘にやっていくのもまた音楽です。

こんな事から僕とRYOで良く話し合い、一旦このフィールドでの活動を終えることにしました。
勿論これまでもこれからもビートルズは僕らの人生の一部ですし、また何処かで
やりたい事の一部としてスポット的にイベントにも参加したり、ライブの中のセットリストには
ビートルズや愛するポール・マッカートニーの楽曲は入ってくるでしょうけど
暫くビートルズからは一度離れて、僕らがやりたい事をもう一度見直して行きたく思います。

またバンドやデュオで活動再開する予定が付いた時にはブログやFB、Twitter等で
報告させて頂きます。

という訳で、別れは突然にやってきてしまいましたが、4/13は以前よりブッキングが
決まっていたので、このビートルズ企画のライブがビートルズバンドとしての活動終了前の
最後のライブとさせて頂きます。

いつも通り下北沢ブレスでビートルズカバー企画である"All Together Now"に参加させて頂きます。

2013-04-13 (Sat)
ビートルズ系ライブ企画 「All Together Now !!」
Open 18:30 Start 19:00
Door \2000 ( 1Drink付き)
Live ACT
1、デビルハーツ 19:00-19:40
2、Modren Probe 19:50-20:30
3、BAY TRIPPERS 20:40-21:10
4、Apple Honey 21:20-22:00


今回はモダプロでも特に二人でカバーした曲の総集編になりそうです。
僕らがビートルズの企画ライブに参加するきっかけになったのは今から10年ほど前に
今でも続く大塚ウェルカムバックの名物企画、ビートルズ大会に二人で参加したのが
きっかけなんですけど、その時に取り上げた曲も間に合えば演ろうかなと。

その時の記事が有りましたね。二人共若い!

http://www.welcomeback.jp/schedule/diary.cgi?action=view&date=20040320

関係ないですが"half moon custard"というユニット名は僕が命名した名前の中で
一番嫌いです。自分が付けたことすら忘れてましたしね。

今のModern Probeは今まで2番目くらいに好きな名前かな。素直でよろしい。
バンド名を命名する役割になることが多いのですけど、一番気に入ってるのは
"Nonsense Prevail(ナンセンス・プリヴェイル)"ですね。次に気に入ってるのは
"レプリカの宇宙服"です。らしくないと最高に評判が悪かったですが。。

という訳で突然の重大発表?で申し訳ないのですが、もう少しモダプロに
お付き合い頂ければと思います。よろしくお願いします。


DAI
posted by modernprobe at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

3/3 Live Lounge後記

こんにちは。

友人が主催しているイベント『Live Lounge Japan』も無事終了しました。

今回は私達はサポートが主体でステージもやや実験的でしたので
余り大きな告知はしませんでしたが色々と収穫のあるステージでした。

先ずはここまで全く違うセットリストを。
ビートルズやポールはおろか、ウェラー先生やモッズ系、ブリットポップ
どころか洋楽すら無いセットリストは人生でも初めてかも。

どんなにオリジナルやってる頃でも一曲はカバー入れるのが楽しみだったので
それは絶対に洋楽だったと思いますし。


-2013.3.3 Live Lounge Japan Set List-

1.エゴイズム(3年ぶりくらいに引っ張りだしたオリジナルバンド時代の曲)
2.夜の海を走って月を見た(高野寛さん)
3.優しい雨(小泉今日子さんで有名な鈴木祥子さんの楽曲)
4.夢の中で会えるでしょう[with Lino](高野寛さん)



こんな感じです。高野寛さん4曲中2曲、そして遂にアイドルの楽曲も飛び出してます。
後は昔から歌ってるバンド時代の曲とか。。要するに日本語、日本人の曲しか
やらないモダプロは初めてだし、僕も個人的に初めてです。

最後はLive Lounge主催者でプロのヴォーカリストでもあるLino(リノ)さんと
共演で「夢の中で会えるでしょう」を盛り上げてもらいました。
これはこれで暖かい感じで出来てよかったです。

それにしても「優しい雨」、まだまだトライしてから2週間程度での
披露でしたので出来もまずまずくらいでしたけど、本当に良い曲です。
ちょっとメランコリックなイントロを入れてアレンジしてやったけど
聴いてもらえてよかったなと。

色々キーを試す時間が無く、結局鈴木祥子さんのキーのまま歌ったので
若干男には高過ぎる感じも有ったのですが、これからもう少し詰めて
うちらの定番に出来たら良いなと。

小泉今日子さん、80年代は王道アイドルで、90年代辺り、特に
「あなたに会えてよかった」以降はアイドル以上の存在感やサブカルチャー界隈でも
評価されるようになっていったと思います。その中の一つに「優しい雨」も入るかと。

実際20代前半はアイドル然としていても、後半からはミュージシャンとの親交を
深めて一気に音楽的になっていったもう一人の代表格は僕も大ファンの原田知世さんかなと
思うのですが、彼女の場合はスウェディッシュ・ポップという当時のサブカルの本道に
向かっていくという大胆な方向に向かい、当時衝撃を受けた記憶が有りますが。

一方小泉今日子さんも2000年台に高野寛さんプロデュースで『厚木I.C.』というアルバムを
リリースしていますね。こちらもサブカルなメンツの揃った好作でした。

特に宮沢和史さんが作曲で多く提供して良いメロディを紡いでいますし
ハナレグミこと永積タカシさんの名曲「さよならカラー」もカバーしてます。


「モクレンの花」小泉今日子

純粋な知名度では小泉今日子さんが勿論有名でしょうが、サブカル・ミュージシャンとしては
原田知世さんのほうがニッチな意味で有名だし、コンセプトもしっかりしてる感じはしますね。
ついこないだも品川教会で詩の朗読とアコースティックライブという何とも彼女らしい
世界観を堪能してきたばかりですし。

高野寛さんはプロデュースで小泉今日子さんに、Pupaとして原田知世さんに
関わっているんですよね。

話が少しそれましたが、僕らは原田知世さんの曲もレパに有るのでまた機会をみて
やろうかなと思っています。

あ、勿論オリジナルも笑 新曲は少ないけど僕らもモダン・プローブをやる前は
RYOさんと二人でいつも作曲してデモを作ってお互いの作品のアレンジを意見交換
したりと、音楽漬けな日々を送っていたんですよ。もう10年以上前なのかと思うと
ちょっとだけ切ない気もしますが。

でも今も十分以上に音楽を楽しんでるのでモダプロをこれからは今まで以上に
楽しんでみたいなと思ってます。

という訳でライブ後記でした。音源等後日用意します。

DAI
posted by modernprobe at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。