Headline
Modern Probe are ...
ryosama.jpgcoringo.jpgsatomi.jpgdaidai.jpg
DAI(Vo,Bass,Guitar) RYO(Guitar,Vo) CoRingo(Drums,Percussion) Satomilk(Keyboards)
[MARI(Bass,Cho) TAKESHI(Percussion) TETSUYA(Drums)]

☆NEW! Youtubeに"モダプロチャンネル"出来ました☆

"モダン・プローブ(モダプロ)メンバー紹介"

☆2013〜14年ライブ情報☆

2014/11/3(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)
時間等詳細後日


 ☆Free Live in BREATH☆
 "Our Favorite Pop"以来8ヶ月ぶりのライブをKeyを加えた4人編成で
 ギターとベースも逆転して、今度のモダプロは何処へ行く?

2014/3/8(土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:30 当日2000yen/ご予約1800yen(別途ドリンク)

モダプロはトップバッター(19時から)
 ☆Our Favorite Pop Vol.1☆
 モダプロと仲間のバンドで主催するライブ・イベント第一弾!
 ビートルズをキーにしながら、ジャズやオリジナルを聴かせる
 90年代回顧型ライブ・イベント。詳細はブログやFBにて

  2014/1/13(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:00 当日\2300/ご予約\2000(別途ドリンク)

モダプロは18:00頃から(1番目)
 ☆Free Live in BREATH☆
 2014年ライブ第一弾。モダプロらしく90年代モッド色で
 いつもの3人でバンドスタイルのライブ。

11/2(Sat/土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Start 19:00 当日\2200/ご予約\1800(別途ドリンク)

モダプロは20:30頃から
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰後第二弾は3ピースバンド構成で全編オリジナル
 これからのモダプロのスタイルの序章的な位置づけです
 バンドスタイルでのライブは1年ぶりとなります

8/11(Sun/日曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 17:00 Start 17:30

モダプロは18時過ぎくらいから
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰でモダプロ3編成でお送りします
 オリジナルとブリットな構成の予定

2013年02月25日

Live Lounge Japan Vol.5

こんにちは。

この前のライブ報告も終わり、今年のモダプロは
デュオ形式が主体となりそうな感じなのはお話しています。
既に次回のBreathにおけるビートルズイベントも日程はほぼ確定していますが
それは決定後に報告しようと思います。。

さておき、昨年もフルバンドで参加させていただいたUKで生活していた
夫婦が日本に戻って草の根で続けていらっしゃるオープンマイク・イベント
"Live Lounge Japan"の5回目(日本では昨年に続いて2回目)開催に急遽
参加させていただくことになりました。

FB http://www.facebook.com/events/120294138152035/

Twitter https://twitter.com/LiveLoungeJp

ここでもRYOと二人のデュオで出演します。

昨年の出演時の記事の中でも紹介しましたが、ライブ・ラウンジとは
音楽だけに限らず、ポエトリー・リーディングや小劇、自己啓発のセミナー的な
ものなど、人前で何かを伝えてたいという全ての人々が参加するという少し
個性的なイベントと言えばよいでしょうか。

私達も昨年参加した時は、全体の割合ではむしろバンドや歌の人のほうが
少ないくらいで、小さな舞台のようなものからダンスや朗読など披露されたものは
多岐にわたりすぎて全ては覚えてないです笑。

ただ、その中核に居るのはエイベックス。のイベントなどにも参加されている
ヴォーカリスト、Linoさんのパフォーマンスになると思います。

Linoさんとはもう10年以上前ですが、彼女の楽曲の録音や僕からも楽曲を提供したりと
古くから付き合いがある旧友です。僕も作曲とか録音とかやってたんですよ笑

開演時間は17時〜21時と長いですが、かなりの出演者が居ると思うので
実際僕らの演奏時間は10分〜15分程度ではないでしょうか。

今回もビートルズから離れて全くいつもと違う選曲でお送りします。
オリジナル、カバーも含めて全て日本人で構成の予定です。

去年は主催者さんがUK好きと言うかUK帰りだったのに合わせて
Dodgyやblurなどを披露したのですが、今回は日本語路線で。。

また時間等判明しましたらお伝えします。

しかし、表参道は高野寛さんのライブ以来なので、新しい東急プラザ内の
Fred Perryの上位ラインであるLaurel LineとかLibertyコラボの新作を
見に行きたいです、個人的に。

ではでは。

DAI
posted by modernprobe at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

1/27ライブ後記と次回予告

こんにちは。

今年1回目のライブも無事終了しました。
有難うございました。

今回は久々二人モダンプローブだった上、一緒に出演された皆さんが
ちゃんと4人揃ってビートリーなスーツで決めている方々だったので
最初は何となくマイノリティ感がたっぷりでちょっと疎外感を感じつつ
スタートしたのですが、3バンド目の方が予想通りラトルズのカバーバンドで
しかもビートルズ企画のライブで全てラトルズのセットリストで通してしまう!
という素晴らしさだった上、僕らのことも気にかけてくれましたし、
他の2つのちゃんとしたビートルズのカバーバンドの方々も、ニッチな僕らにも
暖かく接してくれて無事演奏をこなすことが出来ました。

今回は二人で以前やっていたマテリアルを中心に、バンドでもやったことのないような
新しいアプローチを試しました。またソロ曲等も今まではポール、もしくはジョンからが
ほとんどでしたけど、ジュリアン・レノンやジョージ・ハリソンも試してみようと
言う事で実際ジュリアンの曲も披露出来ました。

但し、当初セットリストに入れて、実際に練習も重ねていたジョージの
「オール・シングス・マスト・パス」は前日の練習でやはりうちらにはしっくりこないと
判断してギリギリで外してしまいました。予告してたのに申し訳ないと。。

良い曲なのですが、二人であの曲の世界観を醸し出すには何かが足らず、さりとて
大幅にアレンジを加える曲とも違うかなと。それに今回練習時間もかなり限られていたので
そこまで手を加える余裕も無かったというのもあります。

その代わりと言っては何ですが、ジュリアン・レノンの「デイ・アフター・デイ」は
二人なりに表現することが出来たかなと思います。ビートルズや彼らのソロとも違うので
純粋にはルールすれすれかなとは思うのですが、特にビートル直系のメロディを
奏でるジュリアンの楽曲はビートルズとも相性が良く、何れバンドでも演ってみたいです。

しかし、親であるジョンの影響だけでなく、ビートルズ全体、つまりはポールの
影響もそこはかとなく感じるジュリアンの楽曲は本当に素晴らしいと思います。
特に「デイ・アフター・デイ」を収録した『フォトグラフ・スマイル』は渾身の一作で
全体的には内省的なシンガー・ソングライター的楽曲が多いのですが、そこかしこに
ビートルズ、そして父親への率直な影響を思わす所が散見されて感動的ですらあります。

ビートルマニア達にはお馴染みの作品かもしれないですけど、世間的にももっと評価されて
良い作品で、この作品たちやジュリアン・レノンへの正当な評価を望むばかりです。

さておき、他には僕らがアコースティックで演るときのレパであるバッドフィンガーに
ポールがあげた「カム・アンド・ゲット・イット」やブラックバード風のアレンジで
奏でるポールのソロ曲「ソー・バッド」も久々取り上げました。

以下が今回のセットリストです。

2013/1/27 "All Together Now!!(Beatles Cover Night)" Live At Breath

1.Come And Get It [Abbey Road Outtake or Badfinger]
2.No Reply [Mr.Clean Version]
3.That Day Is Done [Flowers In The Dart]
4.With A Little Luck [London Town]
5.So Bad [Black Version]
6.Real Love
7.Day After Day [Julian Lennon]
8.Drive My Car [Science Version]

iPhoneで録ったので荒いですが当日のUstreamも残っているので。

http://www.ustream.tv/recorded/28845853

しかし、今回のライブは久々アコギだけをバックにやったので
個人的には歌をしっかり歌うことに凄く注意したのですが
思いの外本番でも上手くやれてたかなと。ちょっと力入り過ぎてる
感じもしますが、エレキでは聞き取れないような表現もアコースティックでは
聞こえるので、その空間、余韻を上手く生かしたかったんです。
ファルセットなんて最たるもので、エレキでは弱いファルセットは埋もれがちですが
アコースティックならではの音域でもファルセットが使えるので、歌いきれる
部分もファルセットを生かすような唱法を頑張って勉強して行きたいですね。

それにしても、共演した皆さん素晴らしいバンドでしたが、ラトルズカバーの
名バンド、Mount Battensさん。本当に最高でした。会心のステージ。
見てるこっちまで痛快で気持ちよかったです。演奏もタイトで最高。
何れファンとして観に行きたいし、ニッチな僕らなんかにも暖かい声を
かけてくれたので素直に嬉しかったです。何れまた共演したいです。
その時には僕らもラトルズやろうかな。

そして、既に次回ライブも決まっています。3/23にビートルズ企画です。
ここには再度二人かパーカッションを加える程度で出る予定。
今年は二人でビートルズ企画中心、そしてバンドでモッズやヤマタツ、
ブリットポップだってやりたいな。

バンドの方も間もなく再開予定です。その辺りはまた書きます。

ではでは今年もモダプロをどうぞよろしくです。


DAI
posted by modernprobe at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。