Headline
Modern Probe are ...
ryosama.jpgcoringo.jpgsatomi.jpgdaidai.jpg
DAI(Vo,Bass,Guitar) RYO(Guitar,Vo) CoRingo(Drums,Percussion) Satomilk(Keyboards)
[MARI(Bass,Cho) TAKESHI(Percussion) TETSUYA(Drums)]

☆NEW! Youtubeに"モダプロチャンネル"出来ました☆

"モダン・プローブ(モダプロ)メンバー紹介"

☆2013〜14年ライブ情報☆

2014/11/3(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)
時間等詳細後日


 ☆Free Live in BREATH☆
 "Our Favorite Pop"以来8ヶ月ぶりのライブをKeyを加えた4人編成で
 ギターとベースも逆転して、今度のモダプロは何処へ行く?

2014/3/8(土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:30 当日2000yen/ご予約1800yen(別途ドリンク)

モダプロはトップバッター(19時から)
 ☆Our Favorite Pop Vol.1☆
 モダプロと仲間のバンドで主催するライブ・イベント第一弾!
 ビートルズをキーにしながら、ジャズやオリジナルを聴かせる
 90年代回顧型ライブ・イベント。詳細はブログやFBにて

  2014/1/13(月曜祝日) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 18:00 当日\2300/ご予約\2000(別途ドリンク)

モダプロは18:00頃から(1番目)
 ☆Free Live in BREATH☆
 2014年ライブ第一弾。モダプロらしく90年代モッド色で
 いつもの3人でバンドスタイルのライブ。

11/2(Sat/土曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Start 19:00 当日\2200/ご予約\1800(別途ドリンク)

モダプロは20:30頃から
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰後第二弾は3ピースバンド構成で全編オリジナル
 これからのモダプロのスタイルの序章的な位置づけです
 バンドスタイルでのライブは1年ぶりとなります

8/11(Sun/日曜) 下北沢 Breath(ブレス)→ 終了
Open 17:00 Start 17:30

モダプロは18時過ぎくらいから
 ☆Free Live in BREATH☆
 コリンゴ☆復帰でモダプロ3編成でお送りします
 オリジナルとブリットな構成の予定

2014年10月07日

2014/11/3に8ヶ月ぶりのライブをやります

こんにちは、ご無沙汰しております。
モダプロのDaiです。

さて、今年は1月に年始めのライブを行い、その後3月には
主催イベント"Our Favorite Pop Vol.1"を友人バンドである
バリスタさん、唯一ムニーズさんと一緒にやらせて頂きました。

モダプロでのイベントも初めてでしたし、音楽生活の中でも
イベントを主催したのは久しぶりだったので至らない所も有りましたが
無事に終えることが出来ました。

そこまでは勢い良く今年の音楽生活もスタートしたはず、だったのですが
そこから本業の仕事が忙しくなってしまったのと、イベント後の燃え尽き感で
バンドが一時ほとんど練習できない状態になってしまいました。

燃え尽き感は冗談なのですが、それにしても今年は私事ながら私やRyoが
出張三昧で忙しく、週末にかかるような出張もザラだったのでちょっと練習が
継続的に出来ないという自体に陥ってしまいました。

更には、ベースのMariが諸事情で活動休止してから、暫定で本来リードギターである
Ryoがベースを弾いてきたのですが、それにも停滞感が出てきていたので、まずは
僕がベースを弾くことにして、Ryoはギターにカムバック(実質コンバート)、そして
3月のイベントで2曲に参加してくれたSatomiを正式にキーボードとしてメンバーに加えて
今までと全く異なる4人編成で細々と練習を開始していたのですが、当然新しい編成での
サウンド作りには相応の時間が必要で、更には出張続きで月に1回できるかどうかという
ペースになり、固めるまで時間がかかってしまったのが今年のモダプロでした。

ですので、新しいモダプロはこんな編成になります。

Dai(ヴォーカル・ベース)
Ryo(ギター・ヴォーカル)
CoRingo(ドラム・コーラス)
Satomilk(キーボード)

上記編成で11月3日のライブは行うことになります。

これまで通り私やRyoのオリジナル+UKポップやモッズ系のカバーを添えてという
コンセプトは変わりませんが、キーボードが入ったことで、これまで3ピースでは
披露できなかったオリジナルやカバーもリストには含まれていますし、3ピースで
演っていた曲もキーボードが加わったので大きくアレンジを変えたりしています。

そんな訳で、11/3のライブ、お時間有りましたらぜひ遊びに来てくださいね。
近く、最近の練習音源もアップ予定です。

ではでは。

Dai
posted by modernprobe at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

ライブ後記(2014/3/8 モダプロ企画イベント Our Favorite Pop Vol.1)

こんばんは。

さて、モダプロ企画(手前味噌ながら特に頑張ったのはコリンゴ☆でした)の
ライブ・イベント『Our Favorite Pop Vol.1』は8日下北沢Breathにて無事に
終了しました。延べ人数で40人を超える人出となり、盛況の内に楽しくイベントを
行わせてもらいました。お客様、Breathのスタッフの皆さん、そして出演者の
皆さんに心より御礼申し上げます。

今回は90年代ブリット、モッズカラーの強い私達モダプロでライブはスタートし
次にジャズやボサノバのアレンジでビートルズをお洒落にアレンジしていた
バリスタが続き、最後に中央線サブカルの星、唯一ムニーズが正に唯一無二の
パワフルなグルーヴを聴かせてくれるというバラエティに富んだライブとなりました。

何よりジャンルがどうこうではなく、皆が近い世代で仲良くなれて、お互いの演奏を
応援したり感心したりし合える事、これは本当に宝だと思います。
重ね重ねになりますが、私達の声掛けに快く快諾してくれたバリスタさん
唯一ムニーズの皆さんにも本当に有難うと言わせてください。

さて、モダプロは今回から大きな変化が有りました。遂にキーボードプレイヤーが
今回はゲストという形では有りますけど加入しました。Satomilkさんです。

直前まで仕事やインフルエンザ、大雪で練習が殆どできず今回は絞ってカバー2曲での
共演になりましたけど、ヘッドアレンジの息もバッチリだし、これからもっと溶け合って
行ける心強い新メンバーだと思います。次回からはフル出演予定なのでSatomilkさんも
是非今後よろしくお願いします。

モダプロは社会人のバンドなので、出たり入ったりと言うことは有りますし、現に今も
オリジナルメンバーであるMariやTakeshiは一旦休業中です。今はブルーズ・バンドの
活動もしているもう一人のドラム、Tetsuyaも何れはまた一緒に演りたいモダプロの一員です。

ですので当初言っていた通り、スタイル・カウンシルのようにメンバーは代わることは
有るのですけど、芯はブレずに軸がズレたらそれはそれなりに演ってみるというコンセプトは
変わらないです。軸がブレると言えば、Mariの休業に伴いベースを弾いていたRyoが次回から
ギター担当になり、長らくモダプロのギター/ヴォーカルを務めてきた私Daiが次回から
ベースに回る予定です。Satomilkが加入したので全く新しいバンドのグルーヴを一から
構築してみようというある種の実験です。上手く行けばこの構成で次回は演ると思います。

元々、僕はいつかベースでバンドを演りたかったのですが、これが良い機会だと思います。
勿論Mariが戻ってきたらギターに戻りますけどね(笑)。

さて、身内話が長くなりましたが今回のセットリストを。

今回はイベントとしてはとっても楽しかったし、バリスタや唯一ムニーズの演奏は
最高でしたけど、私達は色んな意味で時間がなくて準備不足で、新曲も間に合わず
練習も不足気味だったのですけど、それでも大勢のオーディエンスに支えられて
僕等なりに良い演奏が出来たと思っています。

次回は編成も変わるのでライブ自体は夏頃になるかもしれないですけど
興味があればまた遊びに来てください。

という訳で今回のセットリストです。

2014.3.8 "Our Favorite Pop Vol.1" At Breath -Set List-

1.Cotton Feel
2.グッバイ・スマイル
3.Free As A Bird[The Beatles]
4.Young And Lovely[Albarn/blur]
5.カーディガン
6.You Alone Stare At Outer
-encore-
7.Tin Soldier[Mariott/Lane]

All Songs by Dai Except Other songs is contained in a credit.
Music & Arranged by Modern Probe


今回はミドルテンポの「Cotton Feel」でスタートし、3、4曲目でSatomilkさんと
一緒にビートルズとブラーの曲をカバー。「フリー・アズ・ア・バード」は
モダプロとしては初チャレンジの曲で、キーボード無しには成り立たない曲です。
ブレイク後の後半パートはSatomilkとコリンゴ☆のサイケな掛け合いでまとめました。

ブラーは裏名曲と言われる「ヤング・アンド・ラブリー」を初カバー。
1月の復活来日でも彼らがやってましたし、個人的に彼らの曲でベスト3に
入る素晴らしいポップ・ソングだと思うのでようやく演ることが出来ました。
この曲の歌詞にある"君は若くて愛らしいから望むこと何でも出来るよ"っていう
シンプルなメッセージが、今の僕にはノスタルジックに響きます。

後半は僕の楽曲の中では古い曲でしめて、アンコールは自分の心のルーツの中の
ルーツであるスモール・フェイセズの代表曲「ティン・ソルジャー」を。

この曲は練習では気付けの曲として良く演ってるのですがライブで演ったのは
19歳の頃、今はなき西荻窪のWattsのライブで披露して以来でした。

僕は自他とも認めるモッズ被れですけど、そのルーツはザ・フーではなく
明らかにスモール・フェイセズとマリオットとロニー・レインです。
だからこういうイベントでやれて良かったと思います。レコメンドしたのは
コリンゴ☆でした。

という訳で楽しい時間はあっという間に終わってしまいましたが
まだまだこの企画も、モダプロも続いていきます。

どうか引き続きご愛顧のほど。。

さて、明日から1週間大阪なので出張の準備しよっと。


DAI
posted by modernprobe at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

1/13ライブ後記

こんにちは。

1/13のライブも終わりました。

今回は正月休み明け直ぐというところで、何だかバタバタしていて
余りお客さんも呼べず、ブレスさんに対しても申し訳ないなという
ライブになってしまいました。

ただ、共演した津田KさんやMr.Postmanさんとも交流が出来ましたし
内容的には今後につながるものも有ったかなという感じです。

早速ですが当日のセットリストを。

2014.1.13 Live At Breath -Set List-

1.カーディガン
2.Kosmos[Dai/Marie]
3.グッバイ・スマイル
4.The Circle[Ocean Colour Scene]
5.English Tea[N.Kenny](Free translation by Dai)
6.Cotton Feel
7.You Alone Stare At Outer
All Songs by Dai Except Other songs is contained in a credit.
Music & Arranged by Modern Probe


今回は3月に予定されている仲間のバンドとのライブ・イベント
"Our Favorite Pop"の準備も兼ねているので披露したという意味で
純粋な新曲は「グッバイ・スマイル」のみでした。

ただ、この曲自体も書いたのは2002年頃だったと思います。
元々90年代のアメリカン・パワー・ポップっぽいオーバードライブの
かかったギターで引っ張って、元気で愛らしい雰囲気にしようと思ったのですが
こういう世界観が自分のヴォーカルには合わず、何となくオクラ入りしていた曲です。

メロディも下から上まで忙しく動きまわる曲で、ちょっと自分のレンジだと
やり過ぎてるかなという感じがしていたのですが、RYOに歌ってもらって
彼の甘い声のほうが歌のイメージにも合ってるかなと思いました。

歌詞はちょっとラブ・ソングっぽい体なのですが、作った頃は歌詞が浮かばず
そうこうしている内に2004年、ブライアン・ウイルソンがあの『スマイル』を
とうとうリリースしたわけですが、それを聴いて感じた気持ちを込めていたりします。

あと、カバーは遂にオーシャン・カラー・シーンを取り上げられました。
僕が90年代で一番憧れたバンドは迷わずオーシャン・カラー・シーンだったのですが
その中でも敢えて代表曲の一つ「ザ・サークル」をやりました。

手前味噌だけど、うちのバンドに合ってるのでまたこれも機会が有ったら何処かで
取り上げてみたいなと思っています。

これからぼちぼちスタジオ録音音源も作って、今年中にミニアルバム的に
まとめられたらとは思ってますので興味が有ったら聴いてください。

という訳で、次は3月のイベントについて取り上げます。

ではでは。


DAI
posted by modernprobe at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。